ホムンクルス(上)

作品内容
自分の体細胞から生成したホムンクルスを愛してしまった錬金術師の幸せな日々と、まもなく訪れる別れの時。作られた命が持った愛情は本物だったのか。