自由の剥奪・前編:雄犬奴隷飼育物語 第2章1話(21a)

作品内容
モノクロ作品です。表紙だけカラーで描きました。
本編18ページ。

質実剛健な体育会系ガチムチ野郎がデブキモの中年オヤジの性奴隷になっていく物語。
ですが、性描写や調教シーンばかりで、ストーリーは あってないようなもの です。

■物語
筋弛緩剤の効き目がきれ、筋力が回復した雄太は、重熊が寝ている間に調教部屋を抜け出す。
しかし、今まで撮影した雄太の恥辱の画像を体育会にばらまくと脅され、再び重熊のもとへ戻る。
そして重熊の命令に屈服し、再び恥辱の日々を送ることになる。

■プレイ
露出プレイを中心とした羞恥系、命令の絶対服従、足コキ、強制射精、ほか

■登場人物
布栗雄太:レスリング部主将(設定が変わりました、すみません)
重熊猛志:部室棟の用務員
アメフト部員たち

■もくじ
01… 表紙
02… 目次
03… 前回までのあらすじ
04… 本編
22… 差分絵
31… 片ページ表示用縮小版
36… 裏表紙