恥辱の闘球場 第四話

櫂まことSM,ガチムチ,筋肉,調教

作品内容
好評発売中の1stコミックス『トレーニング•ドッグ』にて櫂まことが描いた、男同士の濃厚な体育会SMワールドを、更にエスカレートさせた好評連載作品が遂に電子書籍化!

季刊SUPER SM-Z、月刊G-menにて発表された本作(全六話)を、最新描き下ろしカラーイラストの表紙絵と共に続々配信!

◎恥辱の闘球場 第四話

大学ラグビー部の主将・雄太は、粗暴なアメフト部の力也と、グラウンドの所有をめぐって日頃から衝突していた。力也は日頃の恨みを晴らすべく、雄太の先輩・如月を人質として利用する。その罠に嵌まった雄太は、力也たちから激しい責めを受け、奴隷の誓いを強要されてしまう。

翌日、雄太は力也たちにグラウンドに呼び出される。部員たちに拘束された雄太は、力也の巨根でアナルを貫かれて…。力也が雄太の体の奥底に、精液をドクドクと注ぎ込むと、「あとはお前らで好きにしていいぜ」と、部員たちをけしかけるのだった。

屈強なアメフト部員達に、無理矢理に輪姦される雄太。何本ものチンポで次々と犯され、アナルに精液を放たれても、責めはまだ終わらない。雄太は精液だらけのアナルにストッパーを装着され、更に乳首、股間、全身を拘束された状態で、土砂降りの中、グラウンドに放置されてしまうのだった…。