動画背信 第四話

居向田太牟,晃次郎ガチムチ,ゲイ,ボーイズラブ,強制,無理矢理,男同士,筋肉,露出

作品内容
逞しくセクシーな男たちを描き続け、絶大な支持を集め続けるゲイコミック作家・晃次郎が、居向田太牟の体育会系露出名作小説をコミック化!

月刊G-menの休刊にて、未発表となっていた第四話以降が、完全描き下ろしで再始動! 以後、季刊ペースで配信予定!

◎動画背信 第四話

アメフト部出身の恋男同士に仕掛けられた危険な羞恥の罠。抗いながらもその恥辱と興奮に飲み込まれていく二人の運命は?

大学アメフト部時代に知り合い、先輩と後輩の関係から、付き合って8年になる功介と義彦。彼らは、プールで出会った怪しい男によって、想像もしなかった罠に堕ちていき…。

プールの更衣室で、功介は謎の男に操られるようにして、後ろ手に指錠をかけられたままプールサイドへと連れ出される。功介は耳にイヤホンをされ指示を受ける中、同じように拘束された兄貴が現れる。

二人はその場で周囲に分からないように、セックスをするように脅迫される。誰かに見られる不安と羞恥に苛まれながらも、二人は射精し果てる。約束通り指錠の鍵を受け取るべく、義彦をその場に残し、功介は男の待つ更衣室に向かう。

功介しかし、そこで功介を待っていたのは、男からの更なる非情かつ猥褻な脅迫だった…。